2017年04月27日

ギャロップライブ2017鼻血が出たときゃあピーナッツ!A公演


4月22日、23日、南青山MANDALA(東京)にて、
ギャロップライブ『鼻血が出たときゃあピーナッツ!』を開催致しました。
(出演:神代知衣さん・坂本千夏さん・伊倉一恵 with ヒトヨシノビタバンド)

近年、2年に1度の生存確認ライブも、早4回目!
常連のお客様、新たにギャロップの世界に足を踏み入れられたお客様をお迎えして…

A面(第一部)が始まりました。
総勢9名の贅沢なバンドの紡ぐ軽快なリズムの中、ギャロップの3人が登場!
A面は、サブタイトルにもあります、全9曲をたっぷりご堪能いただきます。

ギャロップはこう見えて50代。
「2年間の加速度が半端ない!」
お馴染みの曲も新鮮な気持ちで、稽古を重ねてまいりました。
今回も、坂本千夏さんの選曲、伊倉のコーラスアレンジ、神代知衣さんの振付です。
A面の衣装は、曲に合わせて、生地の柄から作ったオリジナルです。

【 画像をクリックすると拡大できます】
7_R.JPG

昭和の掛け声で始まったトークでは、次々とディープな昭和の話題が繰り広げられます。
当時の流行、テレビ番組、はたまた“高度経済成長”まで!?
とはいえ、そこは、ギャロップ。お客様を置いてはいきません。
昭和の話に畳みかけるように、時事ネタも盛り込み、笑いの渦に引き込みます。
ギャロップ3人より、ちょっとだけ若い?お客様もお楽しみいただけたのではないでしょうか。



休憩を挟み、B面(第二部)へ。

照明も変わり、ステージがまるでランウェイになったかのよう。
ギャロップがポーズを決めます。

8_R.jpg

B面は、2011年開催のギャロップライブ『女のためいきまつり』の衣装をパワーアップ!
どこかが、劇的に進化しています。

「決して女芸人ではありません」

お馴染みの曲、そして、コミカルでキュートな振リ付けの新曲の後は、
恒例の演芸タイムへ!
小道具がでてきたところで、最前列では、自主的にコップに蓋をされるお客様も。
こちらも新曲。小道具を振り振り、軽快に歌い踊ります。

9_R.JPG

そして、お待ちかねの個人コーナーへ。

まずは、神代知衣さんが、濃厚な時間を作り出します。
お稽古でも全力投球!本番は更に!?

10_R.JPG

ガラッと変わって、今度は、伊倉の個人コーナー。
伊倉曰く「これからの自分への応援歌」を、しっとりと歌い上げます。

11_R.JPG

そしてライブも終盤

ステージに3人が戻ったところで、蝶の小道具を手に、新曲です。
「小道具を使うと見せ場が増えるのね」
神代知衣さんが、日本舞踊で使う小道具をヒントに手作りしました。

12_R.JPG

ここで、坂本千夏さんのお母様の逸話へ。
昭和歌謡から一旦離れ、坂本千夏さんの持ち歌から1曲、
この公演にもいらしたお母様に捧げます。

ラストは、恒例のお客様参加型の曲。そして迎えたアンコール。
これを歌わないことには、終われません!
タイトルが、坂本千夏さんの座右の銘でもある、お馴染みのあの曲!

13_R.JPG

2日間全4回、最後まで笑いの絶えないライブとなりました。
たくさんのお客様のご来場、誠にありがとうございました!

とても、中毒性の高いライブとなっております。
是非、次回もお運びくださいませ。
2年後、2019年ギャロップ還暦記念ライブ、どうぞご期待下さい!

タグ:GALLOP LIVE
posted by 音魂館 at 00:21| ご報告(管理人)

2017年04月25日

ギャロップライブ2017鼻血が出たときゃあピーナッツ!@LIVE前

4月22,23日に開催しました『ギャロップライブ2017 鼻血が出たときゃあピーナッツ!』の模様を、数回に渡り掲載致します!


会場は、ギャロップライブではもうお馴染み、南青山MANDALAです。

【 画像をクリックすると拡大できます】
1_R.JPG

バンドの皆さんが、一足お先にリハを開始しました。

2_R.JPG

そこにギャロップも加わり、本番さながらの迫力で、歌い、踊ります!

3_R.JPG

その頃、受付では…

今回、劇団・事務所の若手が受付を担当しました。
緊張しつつも、お客様を気持ちよくお迎えするべく準備を進めています。

4_R.JPG

5_R.JPG

タグ:GALLOP LIVE
posted by 音魂館 at 18:34| ご報告(管理人)

2017年04月24日

GALLOP LIVE2017


2017年4月公演
ギャロップライブ2017
『鼻血が出たときゃあピーナッツ!』


gallop2017omotemini.jpggallop2017uramini.jpg

↓リンク↓
当サイト公演詳細ページ


タグ:GALLOP LIVE
posted by 音魂館 at 00:00| 過去の公演資料