2017年09月04日

魔神英雄伝ワタル 秋祭り レポート

台風一過の9月2日。TOHOシネマズ新宿(東京)にて、サンライズフェスティバル2017『魔神英雄伝ワタル 秋祭り』が開催されました。今回も22時からのオールナイトにも関わらず、チケットは完売!根強い人気が伺えます。

ポスター.jpg

タイムスケジュール.jpg

物販の『ワタルクリアファイル』は早々に完売し、会場入り口では、来場者プレゼントの『特製うちわ』『神部界メモリアルみにぶっく』が配布されました。32ページにも及ぶ豪華版です!

トークショー.jpg

22時を回り、ワタルのBGMが流れる中、司会の神志那弘志さん、ワタル役の田中真弓さん、虎王役の伊倉一恵、演出の近藤信宏さんが登壇し、トークショーが始まりました!

最初に、司会の神志那さんより、今回、芦田豊雄さんの七回忌、井内秀治監督の新盆といったことも含めて企画されたとの説明があり、お二人との想い出話に。

近藤さんより、井内監督の人柄に触れるエピソード、そして今年2月に開かれたお別れ会の話も。また、伊倉も、その昔、井内監督が『アトリエいっぽんの木』公演にて、脚本も書いて下さったこともあり、そのあらすじ、想い出を語ります。そしてなんと、当時の公演を観て下さったファンの方も複数いらっしゃいました。これには伊倉も大感激!

そして、今回の来場者プレゼントの『メモリアルみにぶっく』には、芦田さんの貴重な作品も収録されており、絶筆となる幻の作品まで!神志那さんの説明を聞きながら、会場中がその絵に見入ります。


放送開始から来年で30年。根強い人気のワタルシリーズですが、放送終了後も、各種展開、イベント等の積み重ねで今日があります。
田中さんより、そんな前回のイベントの話題に。そこで、伊倉の体調不良による電話出演が、実は入院していたとの真相が。電話越しにファンの皆さまのエールが届いたのでしょう。おかげ様で大事には至らず、皆さまの前にまた元気に戻って来られました!


そして恒例の「遠くから来られた方!」との呼びかけには、北海道!沖縄!台湾!
今回も、全国津々浦々、そして海外からもお集まりいただきました。


また、「ワタルで、新しいキャラクターを演じるとしたら?」といった質問では、「悪い方の役をしてみたい」との田中さんの希望に、神志那さんが「『偽ワタル』ですかね。似たようなちょっと違う話...企画を立ててもらいましょうか。」と、思わぬ展開に!更には「放送終了したシリーズで、これだけ客席が埋まる作品はない」との太鼓判まで。

その影響も受けてか、その後のファンの皆さまからの質問タイムでは、更なる展開を求める熱い要望が相次ぎました。その質問タイムでは、田中さんが自ら客席に降り、お客様にマイクを向ける姿も。そして、リクエストを受け、決め台詞を言う、ファンには嬉しいサービスもありました!

そして、抽選会、ファンの皆さまとの記念撮影へ。
集合.jpg

「次回は、他のキャストもみんなで集まりたい!」「企画が通るように応援して下さい!」等、今後の展開に期待の高まる挨拶にて、トークショーを締めくくりました。


休憩を挟み、本編が上映されます。

『魔神英雄伝ワタル』より
「第1話 救世主は小学四年生」 「第44話 輝け! 創界山の虹」
『真魔神英雄伝ワタル』 より
「上の巻 帰ってきた救世主」「下の巻 よみがえれ!伝説の皇帝龍」


2回目の休憩後、
スタジオライブのスタッフによる、ワタル会議の始まりです!
司会の神志那弘志さん、渡辺浩さん、吉松孝博さん、竹内浩志さん、西村聡さんが、次々と登壇します。

当時の想い出話に花が咲き、そして話題はやはり、芦田さんへ。芦田さんの線の引き方、その緻密な細い線は『スタジオライブの線』と呼ばれているといったエピソードや、キャラの頭身の指定、あみだクジで担当分けをしていた話など、普段は耳にすることが出来ない話が盛りだくさん。バトルでメカを描くのが、人の動きが出来ない分辛かったといった話では、この後上映されるシーンの裏話も飛び出しました。

そして、客席から壇上へと促された、とみながまりさんからは、ワタルの打ち合わせは、入念に5〜6時間かけて、1カット1カットを大事に作られていたというエピソードも。
話の端々に、ワタル愛を感じるワタル会議も終了しました。


そして、上映の続きへ。

『魔神英雄伝ワタル2』 より
「第1話 帰ってきた救世主!」「第46話 そして、虹の彼方で」
『魔神英雄伝ワタル 終わりなき時の物語』 より
「第1話 救世主 再び」 「第2話 天部界の嵐」 「第3話 永遠の伝説」
『超魔神英雄伝ワタル』 より
「第1話 ボクは救世主!」「第51話 みんなの心」

上映の合間の休憩には、神志那さんから、眠気も吹き飛ぶサプライズが!
今回の来場者プレゼントにも収録されている、芦田さんの絶筆となった原画が舞台上に!これにはファンの皆さまも、一目見ようと殺到します。

そして、時刻は5時半、全ての上映が終了しました。
オールナイト上映会にも関わらず、殆どのお客さまが最後までお付き合いくださいました。ありがとうございました!そして、今後の展開に、応援のほどよろしくお願いいたします!

会場.jpg


posted by 音魂館 at 18:35| ご報告(管理人)

2017年04月27日

ギャロップライブ2017鼻血が出たときゃあピーナッツ!Bおまけ


ギャロップライブ『鼻血が出たときゃあピーナッツ!』
レポートには入りきらなかった写真をお届けします!

千秋楽B面開始直前!
スタッフが並んで、最後の送り出しです。

【 画像をクリックすると拡大できます】
アップ用3.JPG

アップ用4.JPG

そんなラストステージも、
客席を巻き込み、大いに盛り上がりました!
アップ用5.jpg


出演者、全員揃って集合写真。
A面の衣装に…
アップ用1.jpg

B面の衣装です!
アップ用2.jpg


お客様から頂いた色とりどりのお花。
会場が華やかになりました。ありがとうございました!

お花.jpg

タグ:GALLOP LIVE
posted by 音魂館 at 21:55| ご報告(管理人)

ギャロップライブ2017鼻血が出たときゃあピーナッツ!A公演


4月22日、23日、南青山MANDALA(東京)にて、
ギャロップライブ『鼻血が出たときゃあピーナッツ!』を開催致しました。
(出演:神代知衣さん・坂本千夏さん・伊倉一恵 with ヒトヨシノビタバンド)

近年、2年に1度の生存確認ライブも、早4回目!
常連のお客様、新たにギャロップの世界に足を踏み入れられたお客様をお迎えして…

A面(第一部)が始まりました。
総勢9名の贅沢なバンドの紡ぐ軽快なリズムの中、ギャロップの3人が登場!
A面は、サブタイトルにもあります、全9曲をたっぷりご堪能いただきます。

ギャロップはこう見えて50代。
「2年間の加速度が半端ない!」
お馴染みの曲も新鮮な気持ちで、稽古を重ねてまいりました。
今回も、坂本千夏さんの選曲、伊倉のコーラスアレンジ、神代知衣さんの振付です。
A面の衣装は、曲に合わせて、生地の柄から作ったオリジナルです。

【 画像をクリックすると拡大できます】
7_R.JPG

昭和の掛け声で始まったトークでは、次々とディープな昭和の話題が繰り広げられます。
当時の流行、テレビ番組、はたまた“高度経済成長”まで!?
とはいえ、そこは、ギャロップ。お客様を置いてはいきません。
昭和の話に畳みかけるように、時事ネタも盛り込み、笑いの渦に引き込みます。
ギャロップ3人より、ちょっとだけ若い?お客様もお楽しみいただけたのではないでしょうか。



休憩を挟み、B面(第二部)へ。

照明も変わり、ステージがまるでランウェイになったかのよう。
ギャロップがポーズを決めます。

8_R.jpg

B面は、2011年開催のギャロップライブ『女のためいきまつり』の衣装をパワーアップ!
どこかが、劇的に進化しています。

「決して女芸人ではありません」

お馴染みの曲、そして、コミカルでキュートな振リ付けの新曲の後は、
恒例の演芸タイムへ!
小道具がでてきたところで、最前列では、自主的にコップに蓋をされるお客様も。
こちらも新曲。小道具を振り振り、軽快に歌い踊ります。

9_R.JPG

そして、お待ちかねの個人コーナーへ。

まずは、神代知衣さんが、濃厚な時間を作り出します。
お稽古でも全力投球!本番は更に!?

10_R.JPG

ガラッと変わって、今度は、伊倉の個人コーナー。
伊倉曰く「これからの自分への応援歌」を、しっとりと歌い上げます。

11_R.JPG

そしてライブも終盤

ステージに3人が戻ったところで、蝶の小道具を手に、新曲です。
「小道具を使うと見せ場が増えるのね」
神代知衣さんが、日本舞踊で使う小道具をヒントに手作りしました。

12_R.JPG

ここで、坂本千夏さんのお母様の逸話へ。
昭和歌謡から一旦離れ、坂本千夏さんの持ち歌から1曲、
この公演にもいらしたお母様に捧げます。

ラストは、恒例のお客様参加型の曲。そして迎えたアンコール。
これを歌わないことには、終われません!
タイトルが、坂本千夏さんの座右の銘でもある、お馴染みのあの曲!

13_R.JPG

2日間全4回、最後まで笑いの絶えないライブとなりました。
たくさんのお客様のご来場、誠にありがとうございました!

とても、中毒性の高いライブとなっております。
是非、次回もお運びくださいませ。
2年後、2019年ギャロップ還暦記念ライブ、どうぞご期待下さい!

タグ:GALLOP LIVE
posted by 音魂館 at 00:21| ご報告(管理人)

2017年04月25日

ギャロップライブ2017鼻血が出たときゃあピーナッツ!@LIVE前

4月22,23日に開催しました『ギャロップライブ2017 鼻血が出たときゃあピーナッツ!』の模様を、数回に渡り掲載致します!


会場は、ギャロップライブではもうお馴染み、南青山MANDALAです。

【 画像をクリックすると拡大できます】
1_R.JPG

バンドの皆さんが、一足お先にリハを開始しました。

2_R.JPG

そこにギャロップも加わり、本番さながらの迫力で、歌い、踊ります!

3_R.JPG

その頃、受付では…

今回、劇団・事務所の若手が受付を担当しました。
緊張しつつも、お客様を気持ちよくお迎えするべく準備を進めています。

4_R.JPG

5_R.JPG

タグ:GALLOP LIVE
posted by 音魂館 at 18:34| ご報告(管理人)

2015年08月31日

平和祈念展示資料館夏休みイベント「みて、きいて、知る 70年前のこと」


平和祈念展示資料館(東京・新宿)にて開催中の
戦後70年夏休みイベント『みて、きいて、知る 70年前のこと』に、
8月30日、伊倉が絵本の読み語りで出演いたしました。
今年で3年目の出演です。

まずはリハーサルから。

【 画像をクリックすると拡大できます】
1u.jpg

今回、伊倉が読む絵本は、
『おじいちゃん―満州開拓―』文:神津良子 絵:北野美子(郷土出版社)です。

なんと!
絵を描かれた北野美子さんがご挨拶に来てくださいました。
伊倉も更に気合が入ります!

2u.jpg

あいにくの雨模様にも関わらず、幅広い世代のお客様にお集まりいただき…

3u.jpg

いよいよ開演です!

4u.jpg

ご紹介頂いた後、絵本の読み語りが始まりました。

6u.jpg

満州からの引き揚げの労苦、その後の人生、家族の想い等、
過酷な運命の中に希望を見出す内容となっており、
また、ファンタジー要素も盛り込まれている為、
お子様も聞きやすく世代を超えて心に響く作品です。

5u.jpg

伊倉は、祖父・母・子などを演じ分けます。
ご自身に近い立場、年齢の登場人物に感情移入して
お聴き頂くことができたのではないでしょうか?
目頭を押さえられるお客さまもいらっしゃいました。


終演後には、平和祈念展示資料館のご厚意により
お客さまとの触れ合いの場も設けていただきました。

いらしてくださったお客さま
そして、平和祈念展示資料館の皆さま
ありがとうございました!

7u.jpg

戦後70年を迎えましたが、終戦後も帰国できずに
更なる労苦を強いられた人々がいたという事実は
まだ多くの人々には知られていないのかもしれません。

今回いらっしゃる事が出来なかった方も、
是非、資料館へお運びになられてはいかがでしょうか。

平和祈念展示資料館サイト

posted by 音魂館 at 17:10| ご報告(管理人)