2015年06月11日

GALLOP LIVE 2015 公演レポート


2015年6月6日、7日の二日にわたり、南青山MANDALA(東京)にて、
神代知衣さん・坂本千夏さん・伊倉一恵による
GALLOPライブ『鼻血が出るまでピーナッツ特集』を開催致しました。

開演前の場内には、懐かしのテレビBGMが。
お客様の懐かしむ声や笑いも起こり、飲食をされながら和やかな雰囲気です。


やがてステージがライトアップされ、バンドメンバーに続き、GALLOPが登場!
総勢12名、全員がモノトーンの衣装です。
過去のライブにいらしたお客様は、
今までとは違う、そのシックな出で立ちに驚かれた事でしょう。
個性的なヘアスタイルもご好評頂きました。

【 画像をクリックすると拡大できます】
3.jpg

A面(第一部)は、サブタイトルにもなっている双子デュオの曲中心の9曲。
前回に続き、坂本千夏さんの選曲、伊倉のコーラスアレンジ、神代知衣さんの振付です。

2.jpg

アップテンポで振りの激しい曲も多く、パンチの効いた歌声は、
神代知衣さんの「50代、まだまだ頑張りまっせ〜」の言葉そのもの。

1.jpg

また、曲の合間には、次に歌う曲にちなんだ、GALLOPの幼少期のエピソードも語られ、
そして時折脱線し、会場は笑いの渦に包まれました。
夜公演ともなると話題も更にディープに。

とはいうものの、可愛らしい振りの爽やかな曲、穏やかな曲も、
セットリストに組み込まれており、飽きる事無く楽しんで頂けた事と思います。



20分の休憩を挟み、B面(第二部)の開幕。

カラフルなクジャク柄の衣装にチェンジしたGALLOP。
この衣装は、カーテン生地を使用して作って頂いた特注品の一点モノです。
ヘアスタイルもポップにチェンジ。
坂本千夏さんが、そのアフロの髪から“飴ちゃん”を出す一幕も。
(最終公演では梅干しまで取り出して!?)
リングやピアスといったアクセサリは、ボタンを活用した神代知衣さんの手作りで、
細部まで拘ったライブとなっております。


第二部は、前回のライブでも歌った曲から始まりました。
初日の夜公演では、GALLOPの体調を心配されたお客様からの
”携帯酸素吸入器”(介護用)の差し入れもあり、
神代知衣さんから思わず「ナイスセコンド!」の声が。
そのままステージ備品となりました。


その後“演芸タイム”では、メンバーのソロも1曲ずつ披露しました。

4.jpg

神代知衣さんが、オリジナルを超えるのではないかとまで言われる程のノリで
セクシーにたっぷりと歌い上げると、
間髪入れず、坂本千夏さんからハリセンの突っ込みが。

5.jpg

続く伊倉はしっとりとシリアスな曲を。
ところが、神代知衣さん、坂本千夏さんが、両サイドで歌詞をネタにし、
お客様の視線はお二人に釘付け!
伊倉は「誰も私を見てないわよ!(笑)」と、泣き笑いでした。

6.jpg

トリを飾るのは坂本千夏さん。
相撲愛が込められたオリジナル曲をノリノリで歌います。
こちらは、坂本千夏さんのソロアルバムに収録されており、
伊倉もコーラスで参加しています。
生歌を聴かれたお客様の心にも深く残ったようで、会場販売のCDは完売いたしました!


ライブも終盤。
お客様にもご参加いただき、GALLOP3人揃って歌います。
アンコールでは、おなじみのGALLOP結成の原点となった曲で、大盛り上がり!

7.jpg

最終公演ではWアンコールもかかりました。

2日間で4ステージを駆け抜けたGALLOPの3人。
お客様からは「楽しかったです」「元気をもらいました」といったお声を多数頂戴いたしました。
出演者、スタッフ一同、感謝の念に堪えません。

坂本千夏さん曰く、まだまだ“伸び代“のあるGALLOPです。
皆様、是非、次の機会もお運びくださいね!


タグ:GALLOP LIVE
posted by 音魂館 at 23:34| ご報告(管理人)